ニキビを治す方法(背中編)

背中のニキビは、自分では気づきにくいですし、気づいてもケアがしにくいものです。

でも、きれいな背中をキープして、自信を持って背中の開いたドレスや水着を着たいですよね。背中ニキビを治すための方法や、気をつけたほうがいいことはあるのでしょうか。

背中ニキビをつくらないためには、背中を乾燥させないように気をつけなければなりません。

背中ニキビができてしまったからといって油分が多いと思い込まず、肌の状態をしっかり見極めることが大切です。

肌の奥の真皮が乾燥してしまっていてもニキビはできるからです。

もし乾燥によるニキビだとすれば、しっかり保湿をしてあげることが必要になってきます。

顔と同じように化粧水やクリームでしっかり保湿してあげるといいでしょう。

また、清潔さを保つことも背中ニキビを予防・改善するためには大切です。

汗をかいたままにしたり、毎日同じパジャマを着ていてはよくありません。

仕事中や外出しているときに背中を出すことはないと思いますので、家にいるときはなるべく通気よくしておくとニキビが治りやすいでしょう。

また、綿や絹など肌に優しい素材の衣服を着たほうが刺激になりにくいです。

それから、ジャンプーやコンディショナーが流しきれていないことも背中ニキビの原因になります。

特にロングヘアーの人は、コンディショナーを流したあとに背中がべたべたしていないか確認しましょう。

髪の毛を洗ったあとは一つにまとめてから体を洗うようにすると、すすぎ残しを防げます。

ニキビができたからといって、油分を落とそうとゴシゴシ体をあらってはいけません。

肌が敏感になっていますので、届くようであれば手で洗うといいでしょう。

手が届かないようであれば、絹などのタオルでそっと洗うと刺激が少なくてすみます。

ボディソープも界面活性剤が入っていないようなオーガニックのものを選ぶといいです。

おでこニキビに効果的な化粧水

繰り返し出来やすいおでこのニキビ。繰り返すニキビはストレスもたまります。

だんだんと治す意欲が失せて来ると思います。

対策としては、洗顔や髪の毛を直接触れさせないなどといった方法がありますが、一度出来てしまった場合は化粧水でのケアの方が大切になってきます。

洗顔後の肌は綺麗になっています。要は、その状態をキープできれば良いわけです。

化粧水にはその効果があります。化粧水という名の通り水分を含んでいます。

その水分が肌にとってはとても重要になり、ニキビ予防にも効果的です。

麻布十番塩澤式、ビーグレン、ラミューテ、リプロスキンなどが有効でおススメです。

まとめ

おでこのにきびは前髪で隠せるから、と甘く見てはいけないことが分かったと思います。

日々の予防や化粧水選びは十分に気をつけてください。

ニキビが出来てしまった場合は、以下のページで紹介しているケア用品で、ケアを入念に行うことをおススメします。