マスクをつけるとニキビが出来やすくなる?

寒い季節は風をひきやすい。

インフルエンザの予防や花粉症の対策に必需品であるマスク。

しかし、マスクをしていると夕方頃にマスクをはずすとニキビが出来ていた経験はありませんか。

言われてみれば出来やすいかも、いやいやそんな事はないという意見もあるでしょう。果たしてどちらが正しいのでしょうか。

今回はマスクとニキビの関係をお伝えしていきます。

マスクの付け方を少し意識してニキビを隠そう

花粉症や風邪予防に欠かせないマスク。

ニキビが出来ていても職業柄マスクを着用しないといけない方もいらっしゃると思います。

中々ニキビが治らないあなた。

少しマスクを外したり、工夫をするだけで肌へのダメージが全然違うかもしれません。

マスクでの肌荒れを少しでも防ぐ。

まず1日使ったマスクはその日に捨てましょう。数え切れないほどの細菌がついています。

半日で変えても良いくらいです。

肌への負担が少ない素材からできているマスクを選ぶようにしましょう。

例えば化学繊維で作られている商品は極力さけるようにして下さい。肌に良くないです。

マスクに対する一工夫として、中にガーゼを挟む方法があります。

マスクの素材がニキビにあたるのを防げます。

ガーゼの大きさがマスクにあうようにサイズを調節しましょう。

そして時々マスクを外して肌を外気に触れさせて下さい。

ニキビは通気性の悪い場所を好みます。

マスクで悪化するニキビ

ニキビが出来ると隠したくなります。

その時にてっとり早いのがマスクなので、マスクを着用する方もいらっしゃると思います。

マスクをすると肌には空気が触れなくなります。

湿度が高くなり、直接ニキビにも触れてしまいます。

物理的な刺激やムレによる雑菌の増加がよくない理由です。

少なからず肌の常在菌のバランスが崩れているということになります。

マスクによる密着により菌が繁殖しやすくなり、もっと悪化してしまう可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

明日からマスクを付けるのをためらう方もいるかと思います。

そんな方におすすめの商品があります。

ニキビに効果的なマスクです。

保湿効果があるのでマスクのデメリットを解消できます。

デュアルハンドレイティングマスクはプロアクティブから発売されています。

TゾーンとUゾーンが分かれているので大変肌に密着しやすく、顔の構造まで考えてくれてます。

上下のシートで配合成分が違います。

マスクでニキビが出来てしまった方には、すぐにケア用品を使って、ケアを怠らないようにしましょう。