鼻の下のニキビはなぜ出来るのか?予防とケアの方法を解説!

鼻の下のニキビはなぜ出来るのか?予防とケアの方法を解説

思春期のニキビはある意味仕方のないことかもしれません。

しかし大人のニキビはどうでしょう。少し食生活やストレスがたまるとすぐに出来てしまいます。

その大人ニキビの中でも特に出来やすいのが、鼻の下と口周りです。今回は鼻の下のニキビについて解説していきます。

目立つ鼻の下のニキビの原因

鼻の下のニキビというのは顔のほぼ中央であるため、他の部分のニキビと比べて目立ちます。それに炎症も起こしやすく良いことは1つもないです。

原因としては、ホルモンバランスの乱れです。

特に男性ホルモンが過剰の状態になっています。鼻の下や、口周りは髭の生える場所であり、男性ホルモンが沢山集まります。

そして、鼻の下は脂が多く集まる場所であり、構造的に出来やすいのです。

運動をした後に汗をかきやすいため、脂もたまりやすいです。

他には食生活の偏りが挙げられます。

油が多い食べ物、お酒ばかり飲んでいてはビタミンなどの栄養にも影響がでてきます。

繰り返し出来やすい鼻の下のニキビ

原因としては、加齢と共に肌が弱くなっていると言う事が挙げられます。

顔の怪我=ニキビと考えてもいい程です。

ニキビが出来ると肌の内部では炎症が起こっています。ダメージはそれぞれですが、肌にとって良くないことは間違いありません。

手足の怪我でも傷跡が残ることがあるように、ニキビも顔の怪我なので傷跡が残ります。

その周辺の組織は弱まっている状態です。

そのため、少しの刺激にも過敏に反応するため繰り返しニキビが出来る原因となります。

治りにくい鼻の下ニキビを治す

原因であるホルモンバランスの乱れを治すには、心理的なストレス、睡眠不足などを改善しなければなりません。

また、紫外線はニキビの炎症を悪化されてしまうので、日焼け止めクリームも重要になってきます。

即効性のある物としてはオロナインが有効です。

アクネケア用化粧品と組み合わせて使うと、さらに効果的です。

出来ると目立つおでこニキビの原因

おでこニキビの原因の多くは外的な刺激です。

脂分泌が多く、汚れやすい上に髪が触れて汚れが付着して炎症を起こしている可能性、シャンプーやリンスの洗い残し、胃腸の不調などに注意が必要です。

おでこは代謝が良いため、ニキビ跡は残りにくいと言われていますが、症状がでている時は、髪の毛があまり顔にかからないようにしましょう。

また、暴飲暴食をやめ、食生活を改善するように心がけましょう。

なかなか治らないおでこのニキビ。

おでこはニキビ跡が残りにくいと上記で述べましたが、激しい炎症が発生すると、特に眉間やこめかみに跡が残る可能性があります。

そして、ニキビを隠すために前髪を伸ばして他人に見られないようにしている方もいらっしゃると思います。

それはその場しのぎでしかありません。ますます悪化するばかりです。

おでこの部分をTゾーンといいますが、逆に脂がなくなっても炎症が起きやすくなるのでいけません。

洗顔やフェイスシートでごしごしと洗うのではなく、軽く押しながら脂をおとしていきましょう。

洗顔類やフェイスシートは常時携帯しておくことをおススメします。

まとめ

繰り返し出来やすい鼻の下のニキビを改善するためには、ビタミンが重要になってきます。

肌の奥まで高濃度ビタミンを届ける必要があります。

ビタミンを多く含む化粧品が重要になってきます。

そこでおすすめなのが、オルビスです。とても清潔感があります。

浸透率もかなり高く、しみたりもせずに肌を守ってくれている感じがします。

満足度も高いと口コミにもあります。シンプルに使えて臭いも気になりません。

一度試してみることをおススメします。